[PR] 忍者ブログ記事別アクセス推移 京都好き −歴史・教育・おいしいもん・おもろいとこ− 「闇の子供たち」観てきました。 忍者ブログ
ADMIN
京都の話しなど、他愛もないことを書きます。コメントなど残してくれたらうれしいです。
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 前から観たかったのですが、なかなか行く機会がなくて、こないだやっと観れました。タイでは上映禁止になったそうですが、これは日本などの国ほど観てほしい映画です。

 ネタばらしするとよくないですが、この映画はタイの子どもたちの売買春、不正臓器移植などをテーマとした映画です。全体的にショッキングすぎる話なので、見終わってからすぐに立ち上がれないほどでした。

 同じアジアの子どもたちが、絶望的な目にあっていると思うと、どうしようもない気持ちになります。

 

 ただ、僕が知っている限り、、、
 タイという国は、本来とても子どもを大事にしてくれる国ですし、幼児売買春に関しては日本よりもはるかに厳しい国であると思います。まして「日本人のために」内臓を売ったり買ったりという話は、本当におこなわれているかどうかは知りません。

 ただ、子どもの売買春や内臓を売る話は、現実にあるようにも聞きます。映画ではわりと日本とのつながりが多いように描かれていますが、僕の個人的なタイの印象は、もっと欧米諸国とのつながりが多いように思います。もちろんこういったことは、貧困やマフィアなどが原因であることも明白です。そして、お金のある人たちが、無い人たちを搾取していく構造にあるように思います。

 
 
 しかし、、、
 こういう映画を観て、いつも思うことですが、頭ではいろいろと分かっているつもりなのですが、結局僕も映画を観る前と何ら変わらない生活を送っています。
 
 いったい、僕らはどうしたらいいんでしょうねぇ。。。

 とりあえず目の前のことを頑張るだけしかなさそうです。。。

PR
COMMENT

name:
title:
color:
mail:
url:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして
ゆきえさんのブログ経由で来ました。
わたしも京都好きです。

社会の闇を目にして、自分ができる
ことの少なさ、変わらない日常に
やるせなくなることばかりですが、
きっと皆が「目の前のことを頑張」
っていけたら、良い方向に進んで
いくはずと思います。
peko 2008/09/28(Sun)23:47:21 edit
>peko さま
 はじめまして☆
 コメントありがとうございます♪
 僕は目の前のことだけでも精一杯ですが、いつか余裕ができたら、何かできることを考えたいですね。。。難しいですけどね。

 僕のブログはあまり京都に関係ないことも書いていますが、よかったらいつでも僕のブログに遊びに来てくださいね。
いしだかずゆき URL 2008/09/29(Mon)16:28:51 edit
TRACKBACK
trackback URL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/04 ぷるうる]
[06/08 はるまき]
[10/05 いしだかずゆき]
[10/05 いしだかずゆき]
[10/05 kanachan]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
いしだかずゆき
年齢:
42
HP:
性別:
男性
誕生日:
1974/11/04
職業:
自営業
自己紹介:
京都市左京区の学習塾
京都寺子屋塾の塾長です。
大阪出身で、現在は上京区民です。
メールを送ってくださる方は、このブログの一番下にあるメールフォームからお願いします。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
[PR]Samurai Sounds


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]